ビンク色のシャツを着ている女性

選ぶ前に注意

ゴム手袋

料金の確認  ハウスクリーニングを行う業者の料金には大きくわけて定額制と変動制があります。定額制の場合、公開している料金以外に請求されることがありませんが、その代りクリーニングの対象範囲等をチェックしておく必要があります。変動制の場合は、クリーニングの範囲が見積もり時より広かった場合に追加料金を請求されます。そのため、見積もり後に、追加の可能性があるか否かを確認、またその場合の料金を確認しておく必要があります。 クリーニング対象範囲の確認  クリーニング業者は大手から地元企業までありますが、その企業によって対象範囲に多少の違いがあると思います。しっかりと、対象範囲を確認し、クリーニング後に誤解のないようしておく必要があります。

ハウスクリーニングの業者には大きくわけて二つの種類があります。 ひとつは、家事代行型のハウスクリーニング業者、専門型のハウスクリーニング業者に分かれます。 家事代行型の業者は、床の掃除や洗濯、皿洗いなど普段私たちが行っている一般的な家事を代行してくれるサービスです。お仕事が忙しい方、一人暮らしの方、子育てで掃除にまで手が回らない方、などにおすすめするサービスです。 専門型のハウスクリーニング業者とは、普段掃除をしないような箇所、たとえば換気扇やエアコン、油汚れ、水垢など、もしくはなかなか汚れが落ちないような箇所を専門的な技術をもつ業者に行ってもらうサービスです。 個人的にこういった頑固な汚れを落とそうとするとかなりの労力を必要とします。業者に頼んで、定期的に利用するのがおすすめです。